門天日記

門天ホールmenu 2021 September&October 9月10月のmenu

2021年9月9日

2021年9月10月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。
ザウクロチャットは、『生とネット、それぞれの良さを生かすには?!
〜模索は続くよ、どこまでも。〜』です。

2021-9-10

zaukuro36-3

 

生とネット、それぞれの良さを生かすには?!
〜模索は続くよ、どこまでも。〜』

ザウルス:最近、コンビニスイーツにハマってるんです。毎週毎週新商品
が出ている。すごい研究してますよね。
クロ:コンビニは便利だよねー。毎週?! とはすごいですね。
ザウ:そうなんですよ。情報を見ては、食べたいなあと思ってます。
クロ:その度に食べてるんですか?
ザウ:いや、さすがに食べてないです。食べたいと思いながらも、人気商
品はコンビニ何軒回ってもなかったり、そのうちにどんどん商品が入れ
替わっちゃって結局食べられなかったり。でも、新商品のラインナップを
見るのは癒しです。。。
クロ:なーるほど。美味しそうなもん観て想像するだけで幸せな気分にな
るよね〜。観て想像だけで楽しむ術を手に入れるのが、コロナ禍を乗り
越えるのに役に立つんじゃないかい?いい気分転換の図り方!私も
すぐ生協のネット注文に目が走りますが、こちらは毎週あまり変わらな
いので新鮮味がないですね。
ザウ:生協も最近は紙に印刷されたカタログとインターネットカタログと
2種類見られますが、ネットで見るのと紙で見るのとでは、見え方が違
います。紙のカタログの方が、魅力的に見えるものが多いかも。
クロ:ですね。
ザウ:ネットだと必要なものしか目に入りづらい。紙だと、こんなのもある
んだっていろいろ目に入っちゃうんですよ。
クロ:言えてる。申請書の書き方とかマニュアル、結構最近は紙に出力し
てチェックします。同じ情報でも、紙でみるものは、見ている世界が違う
のかしら。
ザウ:舞台芸術でもライブやコンサートもネット配信が多くなってきまし
たが、やっぱり生の方がいいんですかね?コロナが流行して以降、もん
てんはネット配信に積極的に取り組んできましたが、どうなんでしょう?
クロ:もんてんの配信では、ネットで聞く音・響きをホールの中で聞く音に
近づける研究をしています。配信する際に、聞いている人が疲れない
ように、音響さんが少し響きを足していますので。
ザウ:それって、生の響きを加工してしまっているってことですよね?実際
の演奏とは別物になってしまいそうな気がする。
クロ:音楽ホールなどは、元々ホール設計の段階で、舞台や客席で聴く
残響が何秒になるかなど計算して、設計・施工していると思うんです。
どのように演奏するのか、どのように演奏を聴くのか、それによって反
響板をつけたりするなどしますよね。そういう風に考えていくと、何が生
の音かって判断するの難しいと思いませんか?
ザウ:そうかー。そう考えると、ホールの中の生音であっても、作られたも
のというようにも考えられるんですね。場所や環境によって、生音も
全然違ったものになる!
クロ:音響の世界では、演奏した音をどこどこのホールで演奏しているよ
うに視聴者に届けることができるそうですよ。もんてんの配信では、音響
さんが、視聴者が疲れず心地よく視聴できるように門天ホールの空気
感をも感じられるような工夫をしています。奏者や視聴者からの評判は
良いですね。
ザウ:そうなんですね。配信はコロナ禍での苦肉の策ということで始まりま
したが、なかなか生で音楽が聴けない状況の中で、馴染みあるホール
で聞く音を家でも楽しめるというのは、ありがたいかも!
クロ:今後は、配信で力をつけた技術をコロナ禍収束後でも活かせる
ように考えていきたいですね。インターネットだからこそできることを
模索しながら挑戦を続けていきます!

門天ホールmenu 2021 July&August 7月8月のmenu

2021年7月14日

2021年7月8月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。
ザウクロチャットは、『通販にはまっています』です。
2020-11-12
zaukuro36-3
『通販にはまっています』
クロ:外食の機会がないので、テイクアウトか通販が多くなったと思いま
せんか?
ザウルス:はい。旅行や外食の楽しみがない分、そちらで楽しんでいます!
クロ:気分転換にもなりますよね。
ザウ:そうなんです。クロさんはどんなものをテイクアウトしたり、通販で
買ったりしていますか??
クロ:テイクアウトだと、とんかつとか寿司とかですね。
ザウ:美味しいお店ありました?
クロ:とんかつは両国の「いちかつ」、寿司は吉祥寺の「天下寿司」かな。
ザウ:私も、とんかつとか焼肉弁当を結構テイクアウトしました。
あとは、 グリーンカレーとかオムライスが美味しい!
クロ:いいチョイスですねー
ザウ:はい!クロさんは、通販だとどんなものを買ったりしてるんですか??
クロ:ナッツが好きなんですが、最近ピーカンナッツというのにハマって
います。収益性が高くアンチエイジング効果のある食物だそうです!
産官学連携のお店の通販で注文していますが、京都の芸妓さんとの
コラボレーションから生まれた「舞妓はんのおやつ」シリーズやナッツ
バターがあったり、ナッツをチョコレートでコーティングしたものがあっ
たりと、ビーカンナッツを使った商品がどんどん出ている感じ。ピーカン
オイルというものもあって、オリーブオイルのようにサラダにかけたりし
て使っています。それだけで野菜を美味しくいただけますよ。ナッツ三
種の個装もあって、ナッツ好きにはたまりません。
ザウ:いろんな種類があるんですね。美味しそう。。。そして、めっちゃ詳し
いですね。
クロ:つい、いろいろ見てしまって。ナッツの通販を調べている時に、
初めてのお店に警戒感があったのですが、このお店は産官学の連携事
業であるというところに目が止まって、面白い!と。そこでピーカンナッツ
のことを知り、試しに購入したのがきっかけで。たまに注文するので
HPをのぞいてみると、どんどん事業が展開していることを実感する
わけです。
ザウ:コロナ禍で急激に事業が進んだんですかね?
クロ:これはコロナ禍というよりは、3.11以降の農業再生と地方創生を
目指すプロジェクトですね。
ザウ:そうなんですね。HPを見るとすごく充実してますね。オンライン
ショッピングサイトだけではなくて、ピーカンナッツのレシピ動画集とか
インスタとかいろいろある!
クロ:レシピを公募したら全国から200を超える応募があったそうですよ。
ザウ:すごい!大学や都市との連携は、信頼性の担保という意味でも
大きいですね。信頼性を基盤にどんどん広がっている感じなのかも
しれないですね。
クロ:本当ですね。プロジェクトが育っていっている感じです。 こうした
プロジェクトを通して、私たちがやっているアートプロジェクトを見て見
ると、「知ってもらう」という取り組みは欠かせないですよね。プロジェク
トの存在を知っている人が多くなると、それを使って、何かしてみようと
いう人が増え、そのことでプロジェクトが広がっていく。共感者を増やし
て、いろいろなところでプロジェクトが立ち上がっていくという仕組みを
作ることが大事なのかな。好きなナッツからこのピーカンナッツの事業
を知ったことで、それをめぐる運営の推移や活動展開を知ることになっ
たことは、思いがけない収穫かな。
ザウ:日々の楽しみも全て仕事に繋がっていきますね。多分、仕事も
楽しみに繋がっている。
クロ:です!

門天ホールmenu 2021 May&June 5月6月のmenu

2021年5月2日

2021年5月6月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。
ザウクロチャットは、『春ですね〜人も場所もイベントも一緒に育つ』です。
2020-11-12

zaukuro36-3
『春ですね〜人も場所もイベントも一緒に育つ』
クロ:空と風は清々しく、いい季節になりましたね。
ザウルス:花粉もあと1ヶ月くらいで終わりそうですし、よりいい季節に
なります!(ザウルスは花粉症なのです・・・。)
クロ:花粉症、もう少しの我慢ですね。
ザウ:そうですね。。。最近はいろんな花が咲き始めて、新緑とお花で外を
散歩するのも気持ちいいです。2歳の娘もいろんな花の名前を言って、
   お花をなでなでして喜んでます。
クロ:すごい、お花の名前言えるんだ!
ザウ:桜とパンジーとチューリップくらいですね。
クロ:知っていることを言うのが楽しいんだよね。何回も同じ絵本読んで
も喜ぶでしょ。
ザウ:そうですね。同じ絵本を必ず連続で何度か読まされますね。
そして、いつも同じところで同じことを言います笑
クロ:知らない世界ばっかしだけど、子どもはどんどん新しいことを覚え
るのが楽しくって楽しくって仕方ないんだよー。羨ましいなあ。
ザウ:クロさんはいつも新しいことと出会い続けてますよね?若者以上
の出会い力だと思う!最近新しく出会ったことってありますか?
クロ:なんだろうねー。最近甥の子どもたちが18歳と15歳になって専門
 学校に行ったり高校生になったり。その甥がしっかり48歳のおじさん
で、私の記憶の中の18歳の甥が18歳の子の親です。私はすっかり
おばあちゃん役です。こうやって何代にも亘って、家族や人類が引き継
がれていくことを身をもって知ったわけです。人生のステージが変わっ
ていくことに敏感になりたいです。世代を超えて一緒に楽しむことは、
 役割の変化を楽しむことでもあるのかな、と。ということもあって、もん
 てんでの私の役割を考えるわけです。
ザウ:もんてんでの役割は、ザ・代表!以外にありえないですが!もんてん
自体の役割は成熟してきているような気がします
クロ:そうですね。もんてん自身が周りの人から活かしてもらう機会を創っ
 ていただいたので、今度は機会を創る側になりたいです。
 自立自立っていうけど、 一人では自立はありえないように思います。
ザウ:最近のプロジェクトでも、音楽環境の向上に寄与するようなものを
やっていたり、現代音楽の公演の中でも若手音楽家に作曲の公募を
 してみたり。最近のもんてんは人を育てたり、未来に向けての音楽環
 境を整えたりということをたくさんしている気がします。
クロ:はい。そういう機会がないと最近は面白いと思わないんだよね。
ザウ:そんな中でも、コロナ禍で積極的に配信イベントに取り組んだりも
していますよね。アーティストとかイベント自体が、クロさんの子どもみ
たいな感じで、自ら突っ走りながら育児しているみたいな感じがします。
クロ:育てているというよりは、一緒に育っている感じなのかな。
勉強はしなきゃいけないし、覚えなきゃいけないし。ちょうど子育て中
のお母さんと同じですかね。子育て中のザウルスさん、どんな感じ
ですか?
ザウ:うちの娘は2歳のイヤイヤ期真っ最中で、楽しくもありつつ、大変
 です。必死で振り返る暇もない感じかも、、、。
クロ:そういった時期が、何歳になっても花なのかもね。
ザウ:そうなのかー。まだしばらくこの状態が続きそうです笑。
クロ:もんてんもかなー。
ザウ:やっぱり当初と変わらず、「突っ走る=もんてん」ですね。
クロ:ですね。

門天ホールmenu 2021 March&April 3月4月のmenu

2021年3月9日

2021年3月4月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。
ザウクロチャットは、『もんてんの配信企画進行中!』です。

2020-11-12

zaukuro36-3

『もんてんの配信企画進行中!』

クロ:ポカポカな日が続いていますね。あー、春がやってきているって感が
あって、心が踊ります。
ザウルス:そうですね!ここ最近、何か面白いことありましたか?
クロ:いま、「馬医」という韓国ドラマにはまっています。
(馬の医者からやがて王の主治医にまでなった男、ペク・クァンヒョン。
その波乱に満ちた生涯をドラマチックに描く“メディカル史劇”。
/GYAO解説より)
毎週2回ずつ観ていたのですが、もうたまらなくHULUの視聴契約を
してしまいました。昨夜から今日の明け方までみていましたが、いくら
なんでも体に良くないので、5時ごろ撤退いたしました。
ザウ:かなりはまってますね!
クロ:まだ、あと12話もあって、いつ観ようか・・・仕事できなくなっちゃって。
次観たくなるような展開がうまい。ドラマに惹かれていく感覚は、もんて
んの仕事の 場面でも感じています。この1年、両国門天ホールは配信を
始めとして新しいことをたくさんやってきましたが、新しいことをやるっ
て、大変。でも、大変さが楽しいことに繋がっていく実感をもてるので頑
張れるのも事実。このあたりがドラマを観る行為に似ている感あり!
ザウ:それってどういう感覚ですか??
クロ:このままでは終われない、という感覚かな。例えば、新しく何かを
始める時はわからないことがたくさんで、実践をして、工夫をして、、、
と、トライアンドエラーの繰り返しです。試行錯誤する中で、大変なが
らものめり込んでいってしまいます。この1年注力していた配信のための
JASRACへの事前申請や外国曲の指値に関しては特に大変。新しい言
葉を理解するのもまた大変。ビデオグラム、インタラクティブ・・・など、横
文字が多く、内容を理解するのにも時間がかかる。どのような方法の
「配信と集金」をするかも選択しなくてはならない。そして、配信のため
の各所への申請をまたオンラインでやる。一仕事です。初めてなので、
とても時間がかかります。演奏会をすることの何倍も実務と学びが
あります。次へ次へといろんなことが起こって、まるで韓国ドラマなのよ。
ザウ:なるほどー。ドラマのような1年でしたね。いろいろと大変なことが
ありながらも、配信を7ヶ月やってきて、どんな成果がありましたか?
クロ:三密が醍醐味の門天ホールが、配信というアイテムを手にすること
で、コロナ禍でもこれまでのようにに企画が推進できるという実感です
かね。
ザウ:コロナ禍を経て、なんとか軌道に乗り始めた感じですね。春からは
どんな配信企画がありますか?
クロ:もんてんチャンネルの配信を月1回、12月まで行います。それから、
5月にフルコン2台ピアノ企画をやりますよ。というのも、イベントの
減少で倉庫にあるピアノの蔵出しをして門天ホールに置こうという
お話をいただいたのです。ピアノは弾かれてこそ、というわけで、門天
ホールにフルコン2台がやってきます。学生やアマチュアピアニスト、
プロの方々にも弾いてもらいたいです。でも、フルコンを2台も置くと、
益々空間が狭くなってしまうので、配信や収録をしたり、練習で弾いて
もらったり、いろいろな使い方の案をピアノ所有者と相談しています。
ザウ:楽しみですね!今後もいろいろな配信企画が出てきそう!
クロ:はい。他にもオンラインでの講座やWSも企画していますよ。配信に
ついてはまだまだ良くわかっていないことが多いので、次はこんなこと
できないかな、あんなことできないかなとはまります。

色々な方がオンライン上でも参加できるように、入り口を多くしていったら、
もしかしたら、これまで以上にいろいろなことに挑戦していけそうです。
ザウ:もんてんのいろんな企画を世界中の方に楽しんでいただけるような
企画がどんどん展開していきそうでワクワクです。
これからもんてん配信のファンができていったら嬉しいですね!

門天ホールmenu 2021 January&February 1月2月のmenu

2021年1月7日

新年あけましておめでとうございます。

2021年1月2月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。
2021-1-2
zaukuro36-3
クロ:新しい年、2021年はどんな年になるのでしょう?
ザウルス:2020年は新型コロナウィルスの流行で大変な年だったので、
新年は希望が見えてくるような年だったらいいなあと願っています。
クロさんにとって2020年はどんな年でしたか?
クロ:コロナの対処に大わらわで、あれよあれよという間に年の瀬になっ
てしまった感じです。
ザウ:確かに、もんてんは、コロナのあおりを受けて大変なことも多かった
ですが、いろんなことにチャレンジした飛躍の年でもあったのかも?と
思っていますが、どうですか?
クロ:そうですね。自分を鼓舞して、いろいろなことに取り組みました。
まずは、コロナを受けての支援として設けられた助成金・補助金の申請
書きと配信に着手。 その中で起こる課題に直面し、対応に試行錯誤し
ました。配信に関連して配慮すべきことが沢山あって、奥が深い感じが
しています。また、配信事業を実施していく中で、新しい発見や出会い
もあって楽しいことも沢山あります。
ザウ:具体的にはどんなことをしたんですか?
クロ:配信のCM作り第一弾、ZAIKOプラットホームを使ったコンサートの
配信、YouTubeを使ってストリートピアノすみだ川2020の様子を配信、
ZOOMでのWSやコンサート。
ザウ:ストリートピアノやうたの住む家プロジェクトのワークショップと
コンサートは私もクロさんと一緒に企画を作りましたが、初の試み、
なかなか楽しかったですね。
クロ:そうですね。コンサートで、みんなで手話でうたを歌えたこと、楽し
かったし、手話で歌っていると優しい気持ちにもなれたこと、収穫は
沢山あります。
ザウ:主催イベントだけではなくて、利用者さんの配信イベントもありま
したね。
クロ:生徒さんの発表会の配信は画期的でした。コロナ禍でも配信での発
表会が決まると、生徒さんたちが目標に向かって練習に励むことがで
きたと、嬉しいお話も聞けました。 また、朗読と音楽の配信もありまし
た。言葉や音楽の届け方、舞台作り、演出家の方に感服しました。実は、
もんてんの今年の配信イベントの中で、大の苦手、人の前でお話しな
ければならいないことがあり、滑舌の悪さが気になっていたので、演出
家の方のところに入門したくなっています。
ザウ:クロさんが今度は朗読を配信する側になったりして!
クロ:まさか! 音楽も大好きだけど、言葉の力にも魅力を強く感じています。
ザウ:こう振り返ってみると、2020年は大変なこともありましたが、たく
さんの収穫のあった2020年でしたね。2021年は何か企画しているこ
とはあるんですか?
クロ:配信の新たな企画、もんてんチャンネルがスタートします。今、どの
ような手段で配信するか検討に検討を重ねています。限定入場、
当日配信、そしてアーカイブ配信のためのコンサートを実施します。
画期的なのは、入場料金も配信料金も同一料金設定であること。まず
は奏者とプログラム、内容。そして、それぞれの特性や魅力をお客様へ
どう伝えるのかを考えています。さらに、それを支える人が赤字になら
ず職業として成り立つような仕組み作りがしたいです。まだまだ研究の
しがいがたくさんありそうです!
ザウ:新たな年はさらにチャレンジの年になりそうですね!最後に、みな
さんに新年のメッセージをお願いします!
クロ:2021年もワクワクするようなおもちゃ箱のような門天ホールで
お会いできるように取り組んで参ります。そして、今年も皆様とともに
チャレンジしていく年にしたいです。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

門天ホールmenu 2020 November&December 11月12月のmenu

2020年11月13日

2020年9月10月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。

ザウクロチャットは「今年の「コロナ禍で生まれた新しい動き」です。

menu-11-12-800-1500

zaukuro36-3

「コロナ禍で生まれた新しい動き」

ザウルス:新型コロナウィルスでてんやわんやしていたら、もうすっかり
秋ですね。 もんてんは新型コロナウィルスを受けて自粛しましたが、
6月から再開していろいろ試行錯誤してきましたね。
クロ: そうなんです。フィジカルディスタンスを保つとどうしてもお客様の
定員が減ってしまうので、特に配信に力を入れてきました。配信にも
いろいろあって、この間に、ZAIKOを利用したり、YouTube、ZOOMなど
でイベントを配信してきました。コンサート、ワークショップ、座談会
などを開催しましたが、それぞれのイベントの性格によって、配信の
仕方や工夫が微妙に違いますね。
ザウ:いろいろ試してみて、どんな感触がありましたか?
クロ:もんてんで実際に行った配信は、海外や地方にお住まいの方々、
育児中や介護中の方々に観て頂けたとお声が届いています。
ザウ:これまでになかなか会場に足を運べなかった方たちにイベントが
届いたんですね。
クロ:そうなんです。まず、コロナ禍でイベントが中止になったりして、
コンサートに行けなかったけれども、配信で久しぶりにコンサートを
聴けたとの感動のお声を多くいただきました。また、カメラを複数台
用意して、全体、手元、ピアノの上からの映像を切り替えながら配信
したところ、生ではなかなか見られない手の動きやピアノの中が見ら
れて良かったという感想もありました。それから、音を気にせずにプロ
グラムをめくれる、お気に入りのソファで音楽が聴ける、アーカイブが
あるので好きな時に聴ける、というお声もありました。こういったこと
から、配信は多分コロナ禍が収まっても残るように思えました。
イベントによっては対面+配信ということもできますね。
ですが、課題もあります。配信をする場合は、通常のコンサートをやる
のと同じやり方ではダメかもしれません。番組をつくるように、プログラ
ムと時間配分をより綿密にやる必要があると思いました。現場の熱が
伝えづらい分、進行のテンポも重要ですね。それから費用面の問題も
あります。配信は、音響さんや記録撮影などしていた方々が、苦肉の策
として取り組み、それぞれの方法で挑戦をしているのが現状です。
それぞれの専門分野が違うので、同じ配信であってもこだわるところが
違ってきます。音響さん、照明さん、映像さんのチームで対応するのが
ベストだと感じています。ですが、チームが大きくなると、これまで以上
に制作費がかかるので、規模と制作予算に応じて、どのような体制で
実施するか作戦を練る必要があるかと思います。
ザウ:お金がなくてもできるようなやり方がないと利用する側としては
つらいなあ・・・。
クロ:両国門天ホールではそういう仕組みを作りたいと思っています。
まずは、音響、照明機材と同じように、最低限の配信機材を準備したい
と思っています。予算と何を大切にするかなど、お話をお聞きしながら、
機材費やオペレーター費用などの諸経費が調整できるように考えて
います。でも、やっぱり生が一番やでー。
ザウ:ですよね・・。配信を通して、今までとは違ったコンサートとか参加
方法が新たに生み出せれば、結構良さそうなんですが。
クロ:その試行錯誤期間かな、今は。
ザウ:そうですね。試行錯誤をしながらコロナに耐えつつ、その中から
面白い試みが生まれてきたらいいな…という感じなのかもですね。
クロ:はい、配信はまだまだ道半ばだと思います。少なくともまだまだ私
には見えてこない楽しさがあるように思っています。

門天ホールmenu 2020 September&October 9月10月のmenu

2020年9月15日

2020年9月10月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。

ザウクロチャットは「今年の「すみゆめ」!分身ロボットがやってくる?!」です。

menu9-10

zaukuro36-3

今年の「すみゆめ」!分身ロボットがやってくる?!」
クロ:今年も「すみ夢」に参加しますよー
ザウルス:お!今年もいよいよですね。今年はどんな感じになるんですか?
クロ:もんてんは3つの企画で参加します。軒先インフォメーション、
ストリートピアノすみだ川2020、もんてん寺子屋です。コロナ禍という
ことで、今までよりももっとパワーアップして、インターネットをフルに
活用して展開していきます。
ザウ:すごい!例えば、軒先インフォメーションはどのように実施するん
ですか?
クロ:いつもだと、ホールの軒先にチラシを吊るしていた訳ですが、コロナ
の影響でホール利用をしていない時はオープンをしていないので、
軒先に吊して広報することが難しいです。そこで、門天のHP上にチラシ
を配架します。
ザウ:今度のやり方だと世界中どこからでも情報にアクセスできるように
なりますね。
クロ:そうですね。インターネットを使っていない人のことも考慮して、
チラシを近辺の公共施設の配架に置いたり、ホール玄関横の壁にも
貼りたいと思っています。
ザウ:おおー!ストリートピアノすみだ川2020はどうなりますか?
クロ:本来のコンセプトとはずれてしまいますが、フィジカルディスタンス
を保つため今年は予約制にしたいと思っています。それから、遠隔地か
らでも参加可能になる分身ロボット〈OriHime〉を導入します。
分身ロボットというのは吉藤オリィさんが開発されたロボットで、障害の
ある方が分身ロボットを通じて仕事や学習、コミニュケーションをしたり、
といった感じで、実際に使われているんですよ。私がOriHimeと出会った
のは、友人の家にいった時でした。そこで、私もOriHimeに入ってトランプ
をして遊びました。それがとても楽しかったし、大きさもお人形さんくらい
でとても可愛かった。なんとなく、その時に、OriHimeがストリートピアノ
に参加できないかなあと思ったのね。実際にどのように参加ができるか
考えて、今回のような形になりました。OriHimeでの参加も事前に募集し
て、30分交代でいろんな人に遠隔地から参加してもらいたいと思ってい
ます。スマホでOriHimeを操作して、演奏を聴いたり、セッションしたり、
隅田川の景色を見たり。いろんな参加の仕方がありそうです。
ザウ:OriHimeを今年のストリートピアノで導入することは、コロナが
流行する前から考えていたことでしたが、まさに今、必要とされるものに
なりましたね。どんな風になるのか、一緒にストリートピアノに参加する
のが楽しみです。
クロ:楽しみです!それ以外にも、ストリートピアノの様子をYouTubeでラ
イブ配信することも考えていますよ。
ザウ:墨田川から世界に向けてのストリートピアノの発信になりますね!
クロ:はい、そうですね。最後に、両国橋アートセンターの3つ目の企画
「もんてん寺子屋」は、今年初めて実施します。
ザウ:どんなことをするんですか?
クロ:1つは、「分身ロボット〈OriHime〉と遊ぼう」、2つ目は
「墨書き看板ワークショップ」3つ目は「新旧地図対談」です。今年は
北斎没後170年。一生学び続ける姿勢を崩さなかった北斎にならって、
楽しみながら学べる場になればと思っています。
ザウ:なるほど!それぞれどんなことをどんな風に実施しますか?
クロ:寺子屋企画は全てワークショップやトークなので、参加者同士も
ZOOMを使ってお互い共有できるようにしたり、
対面で行う企画については、人数制限をして実施しますが、後から記録映像
を配信したりすることを考えています。いろんな形で、相互交流や発信が
できたらいいなと思っています。
ザウ:今年は、新型コロナの流行でいつもと違った形でイベントを実施し
ていくことになりますが、これをきっかけに面白いことも生まれていき
そうな予感がありますね!楽しみ!

 

 

門天ホールmenu 2020 July&August 7月8月のmenu

2020年7月6日

2020年7月8月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。

ザウクロチャットは「もんてんホール、新しい魅力を手に再始動!」です。

main

zaukuro36-3

ザウ:新型コロナウィルスの感染拡大でアート業界は大変な状態になっ
ていますが、もんてんはどんな感じですか?

クロ:4月8日から休館していましたが、6/1から再開し始めています。
感染拡大防止のために避けるべきとされている「三密」は、小空間の
醍醐味ともいえるものでもあります。もんてんホールの運営自体かなり
大変な中ではありますが、コロナ禍におけるもんてんらしい小空間の
醍醐味を見つけたいと思って、休館の間いろいろ作戦を練っていました。

ザウ:例えばどんなものですか?

クロ:まずは、キャパシティ50名の門天ホールですが、フィジカルディス
タンスを保ちながらだと、いったい定員何人になるんだろう?ということ
で測ってみると、2mで10名、1.1mで、15名定員ということが判りました。
これまで門天ホールを利用して企画を進められてきた方々にとって、
今後再開し始めた時に、この定員では企画を遂行していくことは厳しい
のではないか。そこで、「ライブ配信システムの構築は必須」と思うように
なりました。そこで、急いでライブ配信システムを構築し、テス ト配信を
してみたんです。4つのカメラを使っていろんな角度から舞台を撮影し、
画面を切り替えながら配信しました。ホールに来場した場合だと、着席し
たら演者の見え方は一方向ですが、配信だとあっちに座ったり、こっちに
立ったり、天井から眺めてみたりと、いろいろな方向で楽しめることが
判って、配信も楽しいーという感じです。
会場で着席してみるのとはまた違う楽しみ方ができるんですね。

ザウ:今の状況だから、考えられる表現方法ですね。テスト配信の映像、
とても綺麗でした!ZAIKOというシステムを使われているとのことですが、
どんなシステムですか?

クロ:ZAIKOでは、配信のプラットフォームをVimeoとYouTubeから選択
できます。それに伴い、配信における著作権についても只今勉強中です。
それから、多言語に対応しているので、世界各地からチケット購入が
できますし、投げ銭システムもありますので、料金設定もいろいろ考えら
れますね。

ザウ:今までは、もんてんに行かなければ見られなかった公演が全世界で
見られるようになるんですね。新しい世界が広がった感じがします。

クロ:はい。新しい世界が広がり、それを継続していくためにも、配信が
無料ではなく、有料として収入が見込めるようにならないと、活動が続か
ないと思います。配信の経験を重ねて学びながら、新しい創造表現の
ひとつとして提案できたらいいなあ、と思っています。

ザウ:今後の配信の予定が決まっているものはありますか?

クロ:はい。第一回目の配信門天ライブは、7/19/日のROSCO
(甲斐文子・大須賀かおり)です。ホール自体の物理的なキャパシティが、
10名・15名に変容しても、インターネットを通して100名、200名、
1000名と広がっていく可能性があるということに夢が持てます。配信を
巡って新たなつながりもできそうです。

ザウ:新型コロナウィルスと共に生きなくてはいけない時代になって
大変な気もしますが、それに伴って新しい活動の広がりが生まれること
にワクワクもしますね!

クロ:そうですね。門天ホールでは、配信も選択肢のひとつとして考える
利用者もお待ちしています!配信を巡って人と人が繋がっていく新たな
コミュニティも作っていきたいと思っています。

門天ホールmenu 2020 March&April 3月4月のmenu

2020年3月24日

2020年3月4月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。

ザウクロチャットは、「写真の進化」です。

20203-4main800-1400

zaukuro36-3

        「写真の進化」

クロ:写真の進化、すごいですねー。
私の小学校、中学生くらいまでは学校の遠足や卒業アルバムの写真くら
いしか撮らなかったし、高校生の時も、そんな写真しかなかったかも。
ザウルス:一般の家庭にはカメラはなかったんですか?
クロ:カメラを持っているお家ってあんまり記憶がないですね。
テレビが、近所20-30世帯に1つくらいしかなかったように、カメラも
そんな感じがします。
そういえば、うちの兄がカメラを作ってそのカメラで写真を撮った
記憶があります。付録のキットでカメラとかラジオとか手作りしていた
ような、、、。
ザウ:手作り!?綺麗に撮れるんですか?
クロ:ボケボケの写りだったけど、写っていたよ。美術家がピンホールを
あけて写真撮ったりするよね。あんな感じだったように思います。
写真は特別な日にしか撮っていなかったのかもしれない。遠足とか
卒業アルバム。あと冠婚葬祭かなあ。
ザウ:なるほどー。写真を撮るのは貴重な機会だったんですね。思い出の
写真の記憶ってありますか?
クロ:写真が手元に残っていないので、今となっては幻だったのかも
しれないけど、、、うちは線路脇に家があったので、踏切が近くにあって、
その踏切の前で小学生の私が甥っ子の子守をしている写真を見た
ことがある。兄弟姉妹が多いので、小学校の頃から私は叔母でしたね。
そうそう、門前仲町に門天ホールがあった時に、写真好きのアマチュア
カメラマンに撮ってもらっていた。
ザウ:前の門天ホールの楽屋にはコンサートの写真がいくつか飾って
ありましたね。
クロ:そう、あれです。写真がまだ高価な時代でしたね。
デジタルカメラが出て、気楽に気安く写真が身近なものになったように
思います。特に、使い捨てのカメラが出てきて、すごく普及したかもね。
それでもフィルムだったと思うので、パチパチ今のようには撮らなかっ
たかも。
ザウ:私の青春時代にはプリクラをたくさん撮りました!チェキっていう
のもありましたね。
クロ:はい、それを持っていた時期もあります!写りはボケボケだったけど
楽しさがありましたね。解像度ではなく、記念。そして記憶を呼び覚ます
アイテムとしての機能を、今となっては感じます。
ザウ:そうですね。「懐かしいー」って言いながら見るのが写真だった気が
します。
クロ:だよねー。今は違うよねー。
ザウ:映える写真を撮るというのが経済まで動かしている。
クロ:はい。過去ではなく、いまに価値を見出している感じがしますね。
いまや加工が自由自在のアプリまである。懐かしさの対象ではなく、
水のごとく流れていくもののようです。そういう意味では、記念として
ちゃんと保存したい写真と、消費していく写真と二極化されているの
かもしれないなあ。チャットしていたら、特別な日は写真家カメラマンに
撮ってもらいたいと思うようになりました。
ザウ:写真は、その人の世界の切り取り方、見え方が見えるのが面白い
ですね。カメラマンの世界の見方って、他の人とは違うんだろうか。。?
クロ:興味があるねー。

門天ホールmenu 2020 January&February 1月2月のmenu

2020年1月12日

新年あけましておめでとうございます。

2020年1月2月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。

ザウクロチャットは、「気になるAI」です。

2020-1-2

zaukuro36-3

クロ:最近AIが気になっています。
高齢者の自動車事故も、自動制御装置を付けると回避できそう。
自動制御装置はロボットかしら?ロボットと共存することで、生活が
快適になりそうな気がして。渋谷の新しいビルの受付もロボットらしいよ。
人は携帯に夢中で、コミュニケーションをしようとしない。ロボットが
人に対応している絵が浮かびます。

ザウルス:ロボットって、性格が良いロボットとか悪いロボットとかいるん
ですかね?

クロ:パソコンと同じように学習していくような気がします。ロボットの方が
接客が得意になったりしちゃうのかしらね。ALS患者の分身ロボットも
注目されています。

ザウ:便利な道具という範疇を超えてきましたね。AIが自分で学習して、
性格が変わってきたりしたら面白いような怖いような。。。益々進化する
AIに人間は支配されないんでしょうか?それも心配。
SFの見過ぎですかね?

クロ:SFの話ではなく、現実的な話かと。この間、AIの美空ひばりが歌って
いました。AIと共存していく時代を目の当たりにした気がします。
新卒だけでなく、中途採用、要するに即戦力になるような人が求められ
ていく時代にあって(そんな時代にもうなっているのかもしれませんが)、
一方で70歳定年が叫ばれ、一方でAIが活躍する場が広がっていく。
AIの発展は夢のような話ではある一方で、人として夢がもてない時代
にも繋がっていくような気がします。いまの子どもたちは大変だよね。

ザウ:技術が進歩すればするほど、人間の人間性が問われるようになる
気がします。

クロ:ですよね。一方でレコードやカセットテープが流行ってる。徹底した
アナログ嗜好と、徹底的に進化しているAI。学習して人間よりも人間的と
いうか温かみのあるロボットも出てきそう、出てきているのかな?
人間だとかロボットだとか、わけるのではなく、混在する社会の中で、
私たちはどのように生きていくのか、試されている時代ということで
しょうか?人間であり続けることというのは、会話能力、コミュケーション
能力と思いたいですがね。

ザウ:う〜ん、、チャットしているうちに、なんだか無駄なことを大事に
することが人間的なのかもしれないという気がしてきました。
効率的にやろうと努力しても、AIの方が能力的には優っていて、、、
ということの繰り返しは息苦しそう。
文化は金にならない、役に立たない、無駄だといわれたりしたことも
ありますが、技術が進歩すればするほど、金にならない役に立たない
かもしれないことが生活に彩や余裕を与えるのかもしれないですね。
無駄なことをやり続けるAIも出てくるかもしれないですが、無駄なことで
人にゆとりと癒しを与えるAI。。。

クロ:あはは!効率は求めず、一つ一つ丁寧に。やっていくことが楽しい
そんな時間の使いかたをして生きたいですね。

 

門天ホールmenu 2019 November&December 11月12月のmenu

2019年11月7日

2019年11月12月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。

ザウクロチャットは、「いつでも夢を♪」です。

2017-5-6

zaukuro36-3

いつでも夢を♪

ザウルス:先日、小学生に夢を聞いたら、大工さんとか料理人とか
お医者さんとか、みんなしっかりなりたいものがあって驚きました。
クロさんの小さい頃の夢ってどんなでした?
クロ:小学生の時に、今でいう報道カメラマンになりたいって書いた
ような気がします。あの頃、アメリカン・コミックス『スーパーマン』の
テレビをみて女性の新聞記者がいたように思うのですが、その影響
かしら。サラリーマンではなく、手に職を持つ、というような感じに
思っていたと思います。ザウ:クロさんの時代に、女性で新聞記者って結構時代の先をいって
いたのではないですか?クロ:ですね。
『スーパーマン』のドラマに登場する架空の女性記者ですが、
かっこよくみえたんでしょうね。子ども心に。
ザウ:そんな女性記者に憧れたクロさんが、今もんてんの支配人を
やっているのはなるほどなーと思います。女性一人で30年ホールを
運営するってなかなか大変だったと思いますし、女性が一人で
何十年も運営している場所って珍しいんじゃないかなあと。

クロ:珍しいかどうかはわからないれど…。ホールの支配人は、な
りたくってなったというよりも、そういう職業選択のチャンスに恵まれた
ということが大きかったです。そして、その職業によって自分自身が
育てられ、今では大好きな職業になったのだと思いますよ。
経験も何もない、そんな職業さえも知らない、世の中のことはまだ
分からない、そんなないないづくしのなかで、巡ってきた機会を捉えて
みた、そんな感じでしょうかね。考えるよりも先にまず行動してみる、
そんな性格も関係しているかもしれません。
あなたは小さい頃何になりたかったの?ザウ:保育園の時は、卒園アルバムに「バレリーナになりたい」と書いて
いました。バレエなんて一度も習ったことがなかったのに!
クロ:おー、素敵な夢!
ザウ:あとは、アニメの「タッチ」を見て、野球部のマネージャーとか新体操
選手になりたいとも思っていました!今、一つも叶っていません笑。
夢を描くのは自由ですから!
クロ:あー、タッチ。いいよね。私も憧れたー。
ザウ:小さい頃はたくさん夢を持っていた気がします!今の小学生に話を
聞いても夢をたくさん語ってくれたりします。
一方で、大学生と話をすると、何になりたいかわからない、これから
どうしたらいいかわからない…という話になって、大人になるにつれて
夢を描くのが難しくなったりするのかなあと思ったりしました。
クロ:夢を描くのが分からなくなったら、今やるべきことをやりながら、
様子見かなー。いろいろなことを体験しながら、自分にとって何を
大切にしたいか、が分かっていくように思います。そうしているうちに、
また夢に出会えるかもしれない、私は出会えたような気持ちでいます。

 

門天ホールmenu 2019 September&October 9月10月のmenu

2019年9月19日

2019年9月10月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。

ザウクロチャットは、「今年もストリートピアノすみだ川の季節がやってくる!」です。

2017-5-6

zaukuro36-3

「今年もストリートピアノすみだ川の季節がやってくる!」

クロ:もんてんの秋といえば、ストリートピアノすみだ川。今年の秋は3度目
を迎えます。
ザウルス:楽しみですね〜!1回目、2回目は大盛り上がりでした。1回目は、
散歩中の方やランニング中の方が1本指でピアノを弾いてくださるのに
合わせて、演奏サポーターが一緒にゆるゆるセッションしているところ
から始まって、突如として、カリスマピアノ小学生が現れたり、ダンサーさ
んとのコラボレーションがあったり。そうこうしていると80代のおじさまが
現れて颯爽とピアノを弾いていかれたり!たくさんのドラマがありました。
クロ:そうですね。すみだ川、両国橋、ピアノと地域性を活かした門天ホール
らしい企画としてスタートしましたね。門天ホールらしいストリートピアノ
すみだ川は、演奏サポーターの存在によって実現できました。
ザウ:ストリートピアノは今、様々な場所で行われていますが、演奏サポー
ターがいるのはもんてんならでは!昨年行われた2回目のイベントもドラ
マがいっぱいでしたね。雨が降って残念でしたが、隅田川テラスでの
ストリートピアノに代わってもんてんホール内でスタインウェイピアノサ
ロンを開催。1回目で演奏してくれたカリスマ小学生が再び現れたり、
やはりいろんな方とのセッションが始まったり、1回目を経て、楽しみに
してくださる方ができて、1年越しにみんな集って再会したような日で、
とてもあたたかい場になりました。個人的にはお子さんが弾いた後に、
お父さんも演奏したり、親子の連弾があったり、という親子で楽しく参加
している場面が印象的でした。
クロ:そうですね。多くの方々が集うことも大切だと思いますが、参加してい
る人同士がちゃんと見えている、いい距離感や、ピアノを巡って何かが
生成されている感じが、いいですねー。
ザウ:はい!雨のための代替企画でしたが、たまたまホール内の小さな
スペースで開催したことが図らずもいい空間を作ることに繋がった
と思います。
クロ:そんなこんなで今年も子どもから大人まで待ってくださっている
ような気がします。
ザウ:第3回目の今年はどんな感じになりそうですか?
クロ:今年はこれまでのストリートピアノに加えて、ピアノを山車に乗せて
門天ホールから隅田川テラスに移動したり、時にはテラスを行き来する
山車プロジェクトが始動します。
ザウ:どうして山車プロジェクトをやろうと思ったんですか?
クロ:ストリートピアノをお祭りにできないかな、と思って。門天ホールから
隅田川テラスに運ぶところから作ってみたいと思いました。
門天ホールの活動の象徴でもあるピアノをお神輿のようにみんなで
運べるといいなぁ、と。そんなことを美術家の北川貴好さんにお話した
ところ、ピアノの移動をパフォーマンスとして見せることができるのでは
ないかという提案をいただき、北川さんとコラボレーションすることに
なりました。ピアノを弾いたり、山車を引いたり、みなさんの参加できる
内容が増えることにもなりますね。もちろん安全対策は念入りにしたいと
思っています。今年も本当に楽しみです!
ザウ:あとは、雨の心配だけですね。
クロ:天候に恵まれるように今からてるてる坊主を作りたいと思います!

門天ホールmenu 2019 July&August 7月8月のmenu

2019年7月3日

2019年7月8月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。

ザウクロチャットは、「どんな歌が好き?」です。

menu12

zaukuro36-3

クロ:歌は世につれ、世は歌に連れ。いまどんな歌が心に響くのかし
ら?
ザウルス:オリコン調べの平成のソングランキングNO.1はSMAPの
《世界に一つだけの花》だそうです!特定の年代だけではなく、
全世代に支持された曲みたいですよ。
クロ:どこの歌詞に惹かれるのかしら?
ザウ:「No.1にならなくてもいい。もともと特別なオンリーワン」って
とこですかね??この曲自体はNo.1になっちゃいましたけど!
クロ:もともと特別なオンリーワン。みんな違ってみんないい、
金子みすずもそう言っていましたね。多様性とか、存在そのものの
肯定ということかしら。
ザウ:そうですね。歌を受け取った人が、今のあなたが一番だよ、と
認めてもらっている感じがして、勇気付けられるのかもしれない
ですね。我々は昭和生まれですが、クロさんが思う昭和No.1の
歌って何ですか?
クロ:No.1は決めがたいけれど、植木等の歌なんか、いいですよねー。
《スーダラ節》なんかは、自分ではなかなか言えないことを
言ってくれている。
八代亜紀の《舟唄》なんかも好きだよねー。ほっと一息ついたような
感じとか、お酒を飲んでいい気持ちで、明日また頑張ろう、なんて
気持ちになるところとかかなー。あとは、《昴》も好き。
心が解放されていく、高揚していく歌声に、広い世界に連れていって
くれるような希望があるよねー。聴いて好きな曲と歌って好きな曲も
違うよね。どんな歌が好きか思い浮かべると、あの人のあの歌、
この人のこの歌が好き、というように、歌と人が結びついているかな。
ザウ:例えばどんなふうにですか?
クロ:亡くなった姉の歌う、八代亜紀の《花水仙》とか。この歌を
カラオケでを歌っている姉の姿と一緒に懐かしく思い出します。
それから、義兄の歌う、南こうせつの《夢一夜》とか。人にはその人
らしい歌が あるのかな、と思います。自分自身の歌を思い出す時は、
《Caro mio ben》。イタリア歌曲を歌えるように、体を支えたり、
呼吸法だったり、なんか健気に練習していたころの自分を思い出し
て、時々口ずさんだりします。「歌」は人と時代を思い出しますねー。
ザウ:クロさんの好きな歌は、家族と青春時代の思い出が詰まってい
るんですね〜。

クロ:ですねー。いろんなこと思い出す時って、時代を反映する「歌」も
一緒に思い出されますねー。
ザウ:また数年経って、今この令和になったばかりの時代を思い出し
たら、どんな歌と一緒に思い出が蘇るんでしょうね。
一人一人違った思い出とそこにある歌をタイムスリップして
見てみることができたら楽しそう!

門天ホールmenu 2019 May&June 5月6月のmenu

2019年5月8日

2019年5月6月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。

ザウクロチャットは、「子育てしながらアートをする、親しむ」です。

menu11

zaukuro36-3

 「子育てしながらアートをする、親しむ」

クロ:ザウルスに赤ちゃん誕生!赤ちゃん、どうですか?
ザウルス:可愛いですよ〜。ギャン泣きで困ることもありますが、
それも含めて可愛い。
クロ:子育て奮闘中だね。お父さんに慣れてきましたか?
ザウ:はい。ミルク後のゲップはお父さん担当です。
ゲップマスターと呼んでます。
クロ:ははは、マスター。お父さんはおしめも取り替えられるように
なりましたか?
ザウ:オムツも変えてますが、まだオムツ1000本ノックの修行中です。
お風呂も入れてくれてますよ。
クロ:おー、やってるねー。今日ももんてんは仕込みとゲネなのですが、
アーティストは、赤ちゃんを連れて、一緒に小屋入りです。私たちの
時代とアーティストのアートに対する姿勢が変わったように思います。
ザウ:すごい!リハーサルとかゲネの間、赤ちゃんはどうしているん
ですか?
クロ:制作の人がみています。
ダンサーさんと音響さんのご夫婦ですが、制作さんが見ていても
泣き止まない時は、お母さんの音響さんが赤ちゃんを自分のそばに
おいたり、中断したり。こういった光景は結構普通な感じのように
思います。公演自体も、子ども同伴、親子での鑑賞日もあります。
これまで働いて来たスタッフもそうだけど、子育てしながら仕事とか
演奏活動とかしてきたよねー。
ザウ:赤ちゃんがいるのも当たり前で、緩やかな雰囲気で進んでいる
現場、いいですね。親子鑑賞日などは、子どもを持つアーティスト
だからこその発想かも。
クロ:制作の人も子どもがいると言っていました。保育園に行ってい
るって。ザウルスさんの仕事復帰は? どんな感じで子育てしながら
両立させていくのかなあ、と。
ザウ:そうですね、、まだ始まったばかりでよくわからないですけど、
とりあえず平日は保育園に預かってもらえるので、平日の仕事は
今まで通りいけそうです。
クロ:ザウルスは、赤ちゃん企画もやったりしていましたが、自身に
お子さんができて、活動に変化をもたらしそうですか?
ザウ:子どもが産まれてみると、自分が演奏している姿を見たり、
一緒に楽しんだりしてほしいなあ、という気持ちになりました。
可能な現場であれば、子どもを一緒に連れて行くこともしてみたい
なあと思います。それから、外に出たかったり、見に行きたい公演が
あったとしても、子どもを預かってくれる人がいなければ見に行か
れないという残念感も、こういう感じなのかあ、、、とわかったり。
子どもが生まれてから、子連れで来られるイベントを作りたくなる
気持ち、わかります。子どもがいても大丈夫な公演を作ろうとすると、
必然的に公演の内容も変わってくるような気がしますね。
子どもと一緒に同じ空間で公演をみて、大人も満足できる作品作りも
あったらいいなと思いますが、かなり難しいかも。子どもがいて、何が
起こるかわからない空間を、臨機応援に即興的に巻き込みながら展開
していく緩やかな、かつクオリティの高い場作りをして行くってことに
なるので、結構アーティストの力量が試される気がします。
クロ:ですね。でも、そういうのができるといいよね。まずは、託児つき
イベントの企画かな。子育て中でもアートが楽しめたら素敵だよね、に
応える企画をやっていきたいですね。

門天ホールmenu 2019 March&April 3月4月のmenu

2019年3月5日

暖かくなりました。
2019年3月4月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。

今年は門天ホール30周年記念イヤーです。
menu10

zaukuro36-2
クロ:寒いですねー。
寒いと身体も縮こまります。春が待ち遠しいですね。
ザウ:そうですね。早くあったかくならないかなあ。。。
クロ:インフルエンザに花粉症の季節は自分的には外出禁止ですので、
暖かな春が待ち遠しいです。
春になったら、新しいことや中断していたことに、挑戦してみたい
という気持ちが沸き起こりそうです。
ザウ:例えばどんなことですか?
クロ:水中ウオーキングや書道など、個人的な趣味なども楽しみたい。
お仕事を離れて野に自分を放ってみたいです。
ザウ:趣味があるっていいですよね。仕事とは別の趣味があると、
リフレッシュできて、新たな気持ちで仕事に向かえます。
クロ:ザウルスさんの趣味はなんですか?
ザウ:去年は水引アクセサリー作りにはまっていました。今は、
縫い物をしたりもしています。
クロ:小物作りですね。私もいま、利用しなかったバス入れや名刺入れ、
壊れてしまったポーチなど、リニューアル中で、自分のために
再利用できるように考えて試行中ですよ。これが結構楽しいです。
ザウ:リニューアルってどうやってやっているんですか??
クロ:例えば、定期入れを絶対に忘れないように落とさないようにする
ために、ハトメして吊るせるようにとか、バックにジョイントできる
ようにしたり、手作りが楽しいのかな。
門天のピアノの鍵盤カバーが紛失してしまったものだから、
以前いただいたグレーの鍵盤カバーに「もんてん」と刺繍しようと
思っていたりしています。
暖かいお部屋で針仕事でなんかほっこりしますね。
ザウ:そうですね。冬仕事感があります。
そういえば、今までも公演の中での小道具とか、もんてんにある
材料でクロさんが作った作品っていろいろありましたよね。
クロさん作品で一番面白かったのは、P-ブロッの公演の時に作った
散歩用タコ。
クロ:あー、そんなこともありましたね。
ザウ:ヘルメットの上に、タコの人形をくっつけて、そのヘルメットに
ひもを付けたものが公演中に舞台を横断しましたね。
見ていない方には何のことだか全くわからないと思いますが笑。
クロ:ものつくりは楽しいです!
ザウ:イベント作りも、ものづくりも楽しくやっているクロさんは、
やっぱりクリエイティブなタイプってことですね。
クロ:企画考えている時が一番楽しく、実現に向けて進めるのは
苦悩が伴いますが、実現できた時は本当に楽しいですよね。
私の仕事は自分の楽しみと同時に、門天で創造活動をしようとする
人たちに出会えるのも楽しい。役得です。教えられることも多々あり
「目からウロコです」。一緒になって楽しむことができます。
ザウ:クロさんはお客さんが喜んで帰っていってくれるときと
アーティストと一緒にイベントを作り上げている時がとっても
楽しそうです! クロ:はい、お客様が笑顔で帰られる時は、
もっとも楽しく嬉しいです!
ザウ:アーティストのみなさんとお客さんと一緒に作り上げてきた
もんてん。新元号が始まり、もんてんの30周年記念イヤーである節目
の今年度。これまで出会った方、これから出会う方と一緒に楽しい空間、
時間を作っていけたらいいですね。

門天ホールmenu 2019 January&February 1月2月のmenu

2019年1月9日

明けましておめでとうございます。

お陰さまで今年は、門天ホール30周年記念イヤーです。

記念企画もありますよ!

今年も門天ホールをどうぞよろしくお願いいたします。

2019年1月2月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。

 

menu9

zaukuro35-2

 

クロ:門天ホールの30周年です。
両国門天ホールの前身である門仲天井ホールは1989年10月7日
にこけら落としをしました。1989年といえば、昭和から平成になった
年です。
ザウ:つまり、1989年10月に門前仲町で門仲天井ホールとして
産声をあげて、そののち2013年に両国に移転してからも含めて、
2019年で30周年ということですね。平成とともに生まれ、年号が
変わる年に記念イヤーを迎えるなんて!
2つの年号をまたいで続くホールだと思うと、歴史を感じますね〜
クロ:30年続けていると、年配の方も若い方も門仲時代のホールを
知っている方がいらっしゃいます。両国に移転した今でも。
問合せや下見、本番の時にそのことを申し出てくださる方々が
いらして、なんか嬉しくなります。続けてきて良かったと思える瞬間
です。30年前、オープンしてすぐ、どうやって運営していこうか考えて
いた時に、音楽家ユニオンに相談に行ったのですよ。
「空間はありますがお金はないんです。何か一緒にできませんか? 」
って。そこをきっかけに、協働企画である
「もんてんコンサートシリーズ」が始まりました。
その頃、音楽家ユニオンでは、生演奏の場を広げていこうという
運動をしていましたので、音楽家ユニオンが演奏家を、
門天ホールが空間を、ということでこの企画がスタートしました。
毎月第四木曜日に開催、100回続きました。
ザウ:なるほど。もんてんの始まりはアーティストのみなさんとの協働
からだったですね。
クロ:はい。一年ごとに制作のあり方は見直しながら、門天ホールが
自立して企画ができるように育てていただきました。
アーティストとの協働によって、自主企画が成り立っているのは
今も変わりませんね。
ザウ:そうですね。それから、もんてんのスタインウェイピアノも、
アーティストやお客さんがみんなでカンパを募って
購入してくださったんですよね。それに、もんてんが閉鎖の危機に
あった時に、一緒にもんてんを存続する会を立ち上げて、
移転までの道のりをともに歩み、移転に関わる費用を捻出する
ためのイベントを開催してくれたのもアーティストとお客さんでした。
クロ:はい。アーティストは演奏を、お客様はチケットと寄付を、
という感じで、みなさんに支えられての移転でした。
ザウ:アーティストやお客さんと一緒に30年の歴史を作り上げて
きたんですね〜
クロ:はい。両国移転の際、設計士さんが新ホールの設計のコンセプト
としてこんな風に言ってくださいました。
「門前仲町の門天や支配人の黒崎さんに感じた、中心はあっても
ヒエラルキーのない等価な空間づくりを目指しています。
あえて床材にも最終加工をしていないのも、「これから」を見すえて
のこと。これからみんなで作り上げ、育てていける場所になればと
思っています。 」

ホールのあり様を見て、このように捉えてくださっていたことは、
私の新たな発見になりました。門天ホールは、みんなで作りあげていく
という、永遠に未完の場所であることに誇りを持ちたいです。
ザウ:まさに、「みなさんとともに作り、ともにあるホール」!30周年は、
みなさんとお祝いする年にしたいですね。
クロ:節目は初心の志に思いを馳せる機会。30周年記念は、ホールに
携わってくださったみなさんに「あなたにとって門天ホールは?」と
お呼びかけをして、メッセージを募集する企画を考えています。
応えていただいたメッセージを、今後の門天ホールに活かしていきたい
と思っています。お楽しみいただけるような企画にしたいと思います!

 

 

門天ホールmenu 2018 November&December 11月12月のmenu

2018年11月7日

秋・冬もイベントが盛りだくさんですよ!
ぜひ、ご来場ください。
2018年11月12月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。
menu8zaukuro34

門天ホールmenu 2018 September&October 9月10月のmenu

2018年9月10日

暑さが少しずつ和らいできましたね。

芸術の秋!
2018年9月10月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。
menu7 zaukuro33

門天ホールmenu 2018 July&August 7月8月のmenu

2018年7月6日

今年も2台ピアノの季節がやってきました!
2018年7月8月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。

menu6 zaukuro32

門天ホールmenu 2018 May,June 5月6月のmenu

2018年5月2日

新緑のすがすがしい季節になりましたね。
2018年5月6月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。
menu5 zaukuro31

門天ホールmenu 2018 March,April 3月4月のmenu

2018年3月20日

両国門天ホールは、6歳のお誕生日を迎えました。
また、門天ホールは、お陰さまで30周年を迎えました。

今後とも、両国門天ホールをよろしくお願いいたします。

2018年3月4月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。
menu4 zaukuro30

門天ホールmenu 2018 JAnuary,February 1月2月のmenu

2018年1月18日

明けましておめでとうございます。

2018年も、両国門天ホールをよろしくお願いいたします。

2018年1月2月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。menu3 zaukuro29

門天ホールmenu 2017 November,December 11月12月のmenu

2017年11月7日

こんにちは。

年末も、両国門天ホールはみどころいっぱいです。
ぜひ、お越しください!

2017年11月12月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。

menu2 zaukuro28

門天ホールmenu 2017 September,October 9月10月のmenu

2017年9月6日

こんにちは。

9月、10月も魅力的なイベントが満載です。
ぜひ、お越しください!

2017年9月10月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。

menu1 zaukuro27

門天ホールmenu 2017 July,August 7月8月のmenu

2017年6月30日

こんにちは。

今年も両国アートフェスティバルの夏がやってきます。

2017年7月8月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。

title26 zaukuro26

門天ホールmenu 2017 May,June 5月6月のmenu

2017年5月18日

こんにちは。
新緑がすがすがしい季節になりましたね!
2017年5月6月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。
title25 zaukuro25

門天ホールmenu 2017 Marrch,April 3月4月のmenu

2017年3月9日

こんにちは。
お陰さまで、両国門天ホールは、5歳のお誕生日を迎えました。
これからも、どうぞよろしくお願いたします。

2017年3月4月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。

title24 zaukuro24

門天ホールmenu 2017 January,February 1月2月のmenu

2017年1月4日

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

2017年1月2月のmenu表紙とザウクロチャットをご紹介いたします。

title23 zaukuro23

門天ホールmenu 2016 November,December 11月12月のmenu

2016年11月9日

2016年11月12月のmenu表紙とザウクロチャットです。
title22 zaukuro22


門天ホールmenu 2016 September,October 9月10月のmenu

2016年9月12日

2016年9月10月のmenu表紙とザウクロチャットです。

title21 zaukuro21

門天ホールmenu 2016 July,August 7月8月のmenu

2016年6月20日

2016年7月8月のmenu表紙とザウクロチャットです。

title20 zaukuro20

門天ホールmenu 2016 May,June 5月6月のmenu

2016年5月2日

2016年5月6月のmenu表紙とザウクロチャットです。

title19 zaukuro19

門天ホールmenu 2016 March,April 3月4月のmenu

2016年2月28日

2016年3月4月のmenu表紙とザウクロチャットです。

title18 zaukuro18

門天ホールmenu 2016 January,February 1月2月のmenu

2016年1月17日

2016年1月2月のmenu表紙とザウクロチャットです。

title17 zaukuro17

門天ホールmenu 2015 November,December

2015年11月11日

2015年11月12月のmenu表紙とザウクロチャットです。

title16 zaukuro16

門天ホールmenu 2015 September,October

2015年9月3日

2015年9月10月のmenu表紙とザウクロチャットです。

title15 zaukuro15

門天ホールmenu 2015 July,August

2015年7月10日

2015年7月8月のmenu表紙とザウクロチャットです。


title14 zaukuro14

門天ホールmenu 2015 May,June

2015年5月9日

2015年5月6月のmenu表紙とザウクロチャットです。

title13 zaukuro13

門天ホールmenu 2015 March,April

2015年4月4日

2015年3月4月のmenu表紙とザウクロチャットです。

title12 zaukuro12

門天ホールmenu 2015 January,February

2015年1月15日

 

2015年1月2月のmenu表紙とザウクロチャットです。

title11 zaukuro11


門天ホールmenu 2014 November,December

2014年11月9日

2014年11月12月のmenu表紙とザウクロチャットです。

title10 zaukuro10

門天ホールmenu 2014 September,October

2014年9月7日

2014年9月10月のmenu表紙とザウクロチャットです。
title9 zaukuro9

門天ホールmenu 2014 July,August

2014年7月4日

門天ホールmenu 2014 May,June

2014年5月1日

2014年5月6月のmenus表紙とザウクロチャットです。

title7 zaukuro7

門天ホールmenu

2014年2月26日

『両国門天ホールmenu』の表紙をこちらでもご覧いただけるようになりました。
毎回menuが発行されるたびに門天日記にアップしますのでお楽しみに。
門天menu 2013年4,5,6月号より。

title1

 

 

門天menu 2013年7,8月号より。

title2

 

 

 

門天menu 2013年9,10月号より。

title3

 

門天menu 2013年11,12月号より。

title4

 

門天menu 2014年1,2月号より。

title5

 

門天menu 2014年3,4月号より。

title6

 

ザウクロチャット

2014年2月26日

こんにちは。『両国門天ホールmenu』の面白連載、「ザウクロチャット」をこちらでもご覧いただけるようになりました。
毎回menuが発行されるたびに門天日記にアップしますのでお楽しみに。
ザウクロチャット2013年4,5,6月号より。ザウクロチャット1

ザウクロチャット2013年7,8月号より。 zaukuro2

ザウクロチャット2013年9,10月号より。
zaukuro3
ザウクロチャット2013年11,12月号より。
zaukuro4
ザウクロチャット2014年1,2月号より。
zaukuro5
ザウクロチャット2014年3,4月号より。
zaukuro6

2013年3月オープニング週間

2013年8月4日

3/2(土) キッズ・サタディ & あらえいナイト

DSC_0091 DSC_0157 DSC_0161 DSC_0169 DSC_0144 DSC_0145 DSC_0143 DSC_0140 DSC_0151

2013年3月オープニング週間 photo by bozzo

2013年8月4日

0223_ryogoku_0020223_ryogoku_0140223_ryogoku_0150223_ryogoku_0220223_ryogoku_0263/6(水) 蜜月ダンスナイト

 

  • ホールスケジュール
  • もんてんコミュニティ
  • 門天日記