触れ太鼓ではじまる「ぶつかりピアノ〜両国門天場所」振り返りトークイベント

RAF3_flyer_P1_weblogo_master150rgb

 

 

 

 

第3回両国アートフェスティバル2017「ぶつかりピアノ両国門天場所」は、大盛況の中で幕が

おりました。たくさんのお客様がご来場し、盛況に終了できましたのも、芸術監督をはじめ、

作曲家の皆様、演奏家の皆さま、公募で参加してくださった皆さま、そして、お立会いいただ

きました皆さま、助成、協賛、ご協力をいただきました皆様に感謝申し上げます。

 

「ぶつかりピアノ両国門天場所」と銘打ち、

地域資源である相撲文化と、門天ホールの名物スタンウェイピアノ、

そして、相撲愛にあふれる芸術監督、鶴見幸代さんの豊かなアイデアと芸術性が発揮されて、

門天ホールならではのアートフェスティバルとなりました。

そして、門天ホールの大きな宝物となった

ぶつかりピアノ〜両国門天場所の稽古ピアノや委嘱作品が、

未来の両国の風物詩に、伝統芸能に、地域の宝物になるための相撲とピアノのトークショー。

 

 

 

プログラム:

大相撲九月場所触れ太鼓お迎え、鑑賞

第3回両国アートフェスティバル2017振り返りトークイベント

 

出演:鶴見幸代、松田哲博(元・一ノ矢 /高砂部屋マネージャー)

 

入場料(税込):1000円

 

予約:一般社団法人もんてん( 両国門天ホール)

電話/FAX: 03-6666-9491(電話は平日の13:00〜17:00)

メール:ticket@monten.jp(@は半角に直してください)

 

主催 一般社団法人もんてん

共催 墨田区

特別協賛 アサヒビール株式会社

logo_master150rgb 70th_sumida.jpg

 

 

※特記なき場合、開場は開演の30分前です。
※問い合わせ先メールアドレスの@は、小文字に打ち直してください。



一覧へ戻る
  • もんてんコミュニティ
  • 門天日記