第1回 両国シネマ天丼2017:躍る旅人−能楽師・津村禮次郎の肖像(三宅流監督トーク)、音から作る映画(七里圭監督トーク)、奈良ゆみ 歌に生き 愛に生き&コンサート『声の幽韻』

tendon_poster

 

下町・両国を舞台に新しい映画祭がスタートします。その名も「両国シネマ天丼」!

第1回のプログラム・ディレクターとして映画監督・宮岡秀行を迎えます。「音楽・文学・踊り」をテーマとしたドキュメンタリー映画に定評のある宮岡氏のセレクションによる、ワークショップで制作された作品、芸術の制作現場のドキュメンタリーの映画上映と、関連パフォーマンスを9日間に渡り繰り広げます。

 

 

プログラム・ディレクター:宮岡秀行

 

 

【スケジュール】

 

●5/4/木

 

【映】11:00〜

「躍る旅人−能楽師・津村禮次郎の肖像」(2014年/110分)

メインスチール01

監督:三宅流

70歳を超えてなお、古典能だけでなく、あたらな表現を求めて異なる文化・人種・世代を軽やかに大胆に踏み越えていく能楽師・津村禮次郎。バレエやパントマイム、バリ舞踊など様々なジャンルとのアーティストとのコラボレーションから見えてくる能の魅力と表現の可能性。津村の精力的な活動を5年間に渡って追ったドキュメンタリー。観る者の心も躍らせる、この旅路に終わりはない。

 ★三宅流監督トークあり!

 

【映 】14:00〜

ドキュメント「音から作る映画」(2015年/50分)

B

監督:七里圭

★七里圭監督トークあり!

昨年から進行中のプロジェクト「音から作る映画」。

謎のプロジェクトの全容を、監督自ら分りやすく紹介します。
貴重なライブの記録映像、メイキングやトークも満載! 見逃した方もこれを観れば完璧。

『サロメの娘』アクースモニウム上映に至るまで二年分のパフォーマンスを網羅します。
収録ライブ上映↓
『眠り姫』アクースモニウム上映(2014年2月@川崎市アートセンター)
ライブ版『映画としての音楽』(2014年4月@アップリンク・ファクトリー)
『To the light2.2』ライブ上映(2014年11月@多摩美術大学)
『サロメの娘』アクースモニウム上映(2015年3月@両国門天ホール)

 

 

 

【映+ 16:00〜

「奈良ゆみ 歌に生き 愛に生き」(2012年/107 分)

監督:宮岡秀行

松平頼則のアルバム『声の幽韻』のレコーディング風景を追ったドキュメンタリー。

 

奈良ゆみ『声の幽韻』

松平頼則生誕110 年コンサート(アカペラ作品による)

 

20120507_A1_1out

 

出演:奈良ゆみ(ソプラノ)

プログラム:

松平頼則「おくとみる」(世界初演)

ベリオ「セクエンツァIII」、ケージ「エキスペリエンス No2」、シェルシ「ホ 」より

 

 

 

料金:

【映】映画 各1000円

【映 + 】映画+パフォーマンス 3000円(当日3500円)

門天会員:各1割引

 

 

主催:一般社団法人もんてん(両国門天ホール)

予約・お問い合わせ:両国門天ホール

電話/FAX: 03-6666-9491(電話は平日の13:00〜17:00)

メール:ticket@monten.jp(@は半角に直してください)

※特記なき場合、開場は開演の30分前です。
※問い合わせ先メールアドレスの@は、小文字に打ち直してください。



一覧へ戻る
  • もんてんコミュニティ
  • 門天日記
  • 放浪の系譜
  • 両国アートフェスティバル2016
  • TOKYO EXPERIMENTAL FESTIVAL
  • multus